大型犬と超大型犬の特徴まとめ、画像付き![2/3]

スポンサーリンク
--------
スポンサーリンク

 

大型犬と超大型犬の飼いやすさを種類ごとに紹介[1/3]

大型犬と超大型犬の一覧!性格や体重、飼いやすさなど[3/3]

 

「大型犬と超大型犬の種類!飼いやすさ、画像、体重まとめ[1/3]」の続きです。

※ランキング形式ではなく、犬種名の五十音順で並べています。

 

 

ジャイアント・シュナウザー

※向かって左の大きい犬です。

 

インテリな雰囲気が漂う犬

[犬種] ジャイアント・シュナウザー
[原産] ドイツ
[別名] リーゼンシュナウザー
[体高] オス:65~70センチほど メス:60~65センチほど
[体重] オス:27~48キロほど メス:25~34キロほど
[歴史] ヒツジ追い犬のスタンダード・シュナウザーに、グレート・デーン、ブービエ・デ・フランドル、ロットワイラーの血を取り入れることによって、牛追いもできる犬として作られました。知能と訓練性能の高さから、第一次大戦後には警察犬として活躍してきました。
[外観] がっしりとした体格をしています。全身は粗い針金状の被毛で覆われており、毛色はソルト・アンド・ペッパー、ブラック・アンド・シルバーなどがあります。特に目をひくのが、まるで哲学者のような立派な眉毛とヒゲ!
[性格] 温厚で我慢強く、飼い主には従順です。勇敢で大胆な性格なので番犬としても優秀です。
  

スポンサーリンク

ショートヘアード・ハンガリアン・ビズラ

Short Hair de Hungarian vizsla Short Hair de Hungarian vizsla_2

 

高貴な雰囲気が漂う黄金色の猟犬!

[犬種] ショートヘアード・ハンガリアン・ビズラ
[原産] ハンガリー
[別名] ビズラ、ハンガリアン・ビズラ、マジャール・ビズラ
[体高] オス:57~64センチほど メス:53~60センチほど
[体重] オス、メス:22~30キロほど
[歴史] 9世紀末に、マジャール人とともにハンガリーに来たといわれていますが、もとより土着の犬でマジャール族に改良されたという説もあります。ポインティングやウサギ・鳥の猟犬、獲物の回収犬などとして活躍してきました。
[外観] 短毛のため引き締まった筋肉が目立ち、上品な雰囲気が漂います。大きめの垂れ耳が特徴的です。中型犬で、毛色はラセット・ゴールドです。
[性格] 穏やかで人懐こい性格をしており訓練がしやすいですが、繊細な部分もあります。

スコティッシュ・ディアハウンド

 

@wo_roが投稿した写真

 

@wo_roが投稿した写真


気品漂うヒゲがチャームポイント!鹿狩りのスペシャリスト

[犬種] スコティッシュ・ディアハウンド
[原産] イギリス
[別名] ディアハウンド
[体高] オス:76センチ以上 メス:71センチ以上
[体重] オス:38~47キロほど、メス:30~36キロほど
[歴史] 古くからスコットランド(イギリス)のハイランド地方にいたウルフハウンドをシカ猟犬にするため、改良してつくられました。かつては貴族に好まれ、王族など一定以上の地位の人にしか飼うことは許されませんでした。現代ではショー・ドッグとして活躍しています。
[外観] アイリッシュ・ウルフハウンドとは兄弟種ですが、同犬よりも背(体高)は低くて痩せています。大型犬で迫力のある体格ですが、全体的にスラッとしており四肢とマズルが長く、どこか高貴な雰囲気が漂います。針金状の被毛に覆われており、絹状のヒゲをもっています。毛色はグレー、ブルーグレーなどがあります。
[性格] 優しくて穏やかな性格で攻撃性は低く、飼い主には忠実です。小さな子供と遊ぶことも大好きです。

スタッフォードシャー・ブル・テリア

 

Sirpa Piirainenさん(@emvil_)が投稿した写真

 

陽気で人なつっこい小さなファイター

[犬種] スタッフォードシャー・ブル・テリア
[原産] イギリス
[別名] なし
[体高] オス、メス:36~41センチほど
[体重] オス、メス:11~17キロほど
[歴史] ブルドッグに数種類のテリアの血が取り入れられて作出されました。18~19世紀には闘牛用の闘犬として活躍しましたが、1920年以降は闘犬ではなく愛玩犬やショー・ドッグとするため、マンチェスター・テリアが取り入れられて小型化されました。
[外観] 中型犬ではありますが、骨太で非常に筋肉質な体格をしています。幅広の胴体から伸びる前脚の間隔は同様に広く、全体的に重心が低くてどっしりとした印象を受けます。被毛は短く滑らかで、毛色はレッド、薄い褐色、ブリンドル、ブラック、ブルー、ブラック・アンド・タンなどがあります。
[性格] 基本的にひとなっつこく陽気で、特に飼い主や家族に対しては、深い愛情を示します。ただし、それ以外の動物に対しては、攻撃性をむき出しにして喧嘩になることもあります。

スパニッシュ・マスティフ

 

温厚で優しい。でもいざという時に頼れる番犬

[犬種] スパニッシュ・マスティフ
[原産] スペイン
[別名] マスティン・エスパニョール、マスティン・デ・ラ・マンテャ
[体高] オス、メス:55~70センチほど
[体重] オス、メス:72~82キロほど
[歴史] 紀元前2000年頃の古い犬種がルーツといわれています。オオカミから家畜を守るため、家畜護衛犬として活躍していたほか、イノシシ猟犬としても使われていました。
[外観] 大型犬で、筋肉質の体格をしており重量感があります。皮膚のたるみ(特にのどの下部分)が目立ち、大きな体とは対照的に優しそうな垂れ目が特徴的です。滑らかで中程度の長さの被毛に覆われており、毛色はブラック、ホワイト、ベージュなどがあります。
[性格] 穏やかで温厚な性格をしており、飼い主や家族に甘えるのが大好きですが、飼い主や家族に危害を加えようとするものには立ち向かう秘めた闘争心をもっています。

スムース・コリー

 

Mannaさん(@mannariin)が投稿した写真

 

Mannaさん(@mannariin)が投稿した写真

 

凛々しい顔立ちの牧羊犬

[犬種] スムース・コリー
[原産] イギリス
[別名] なし
[体高] オス:56~61センチほど、メス:51~56センチほど
[体重] オス:21~30キロほど、メス:18~25キロほど
[歴史] コリーの祖先犬は約2000年前までにさかのぼることでき、牧羊犬として活躍してきたといわれています。スムース・コリーは、短毛種のコリーです。ラフ・コリー(長毛種のコリー)とは区別されます。
[外観] 大型犬で、筋肉質で非常にバランスのよい体格をしています。マズル・首・四肢・尾は長く、立ち耳はラフ・コリーよりも大きいです。被毛は滑らかな短毛で、毛色はセーブル・アンド・ホワイト、ブルーマール、トライカラーなどがあります。
[性格] 飼い主に対しては献身的で従順です。ただし、非常に繊細で警戒心も強いため、しつけは簡単ではありません。かつては牧羊犬だったので、運動量が多く毎日の十分な運動が必要です。

スルーギ

 

スタイリッシュな砂漠の猟犬

[犬種] スルーギ
[原産] モロッコ
[別名] アラビアン・グレーハウンド、スローギー
[体高] オス:66~72センチほど、メス:61~68センチほど
[体重] オス、メス:20~27キロほど
[歴史] はっきりとしたことは分かっていませんが、祖先犬は古くから北アフリカに生息してきたといわれています。スルーギは、ウサギ、ガゼル、フェネック、ダチョウなどの猟犬として活躍していました。
[外観] 脂肪が少なくあばら骨が見えるほどです。親戚種のサルーキよりもやや骨太な体格をしています。マズル・首、四肢は長く、洗練された雰囲気が漂います。肋骨が大きく豊富な肺活量を確保できるので、長時間運動できるスタミナを持っています。被毛はとても短くなめらかで、毛色はライト・サンド(明るめの砂色)からレッド・サンド(赤茶色)などがあります。
[性格] 飼い主や家族には献身的で忠実ですが、初対面の人には警戒心が強いです。家の中などの静かな環境を好むので、外飼いだけでなく室内飼いも可能な犬です。

セント・バーナード

Saint Bernard
Saint Bernard_2

 

大きなのんびり屋さん!全犬種中、最も重い犬

[犬種] セント・バーナード
[原産] スイス
[別名] アルパイン・マスティフ
[体高] オス:70センチ以上、メス:65センチ以上
[体重] オス:65~90キロ、メス:55~77キロほど
[歴史] 祖先犬はチベタン・マスティフで、1~2世紀ごろにスイスに連れてこられたといわれています。セント・バーナードは3世紀にわたって雪山遭難者の救出犬として活躍し、2500人以上の命を救ったとされています。
[外観] 骨太で筋肉質のたくましい体格をしています。その巨体は全犬種の中で最も重い体重を誇り、過去最も重いセント・バーナードは、体重138キロ、体高99センチを記録しています。(個体として全犬種最大の記録を残しているのは、イングリッシュ・マスティフの体重155.58キロです)体格に比例して頭部は巨大で肩幅は広く、非常に迫力があります。その迫力のある風貌に反して、優しそうな垂れ目がチャームポイントです。被毛は、長毛種(ストレート、ウェーブなどさまざま)と短毛種(ストレートの硬い短毛)の2種類です。毛色は、白地に赤茶の斑、赤茶に白の斑の2種類です。
[性格] 大きな体からは想像もつかないほど温和で穏やかな性格をしています。人なつっこく、飼い主や家族には献身的です。我慢強く、めったに噛んだりすることはありません。

タイ・リッジバック・ドッグ

 

原始的な面影を残す冷静沈着な番犬

[犬種] タイ・リッジバック・ドッグ
[原産] タイ
[別名] マー・タイ
[体高] オス:56~61センチほど メス:51~56センチほど
[体重] オス、メス:23~34キロほど
[歴史] 約3000年前から存在していた古代犬種といわれていますが、その起源はよく分かっていません。猟犬、護衛犬として活躍してきたとされています。
[外観] 中型犬で、筋肉が発達しており引き締まった体格をしています。被毛は短く、背中部分に隆起した逆毛(リッジ)が生えているのが特徴的です。毛色は単色で、赤、黒、青、シルバーです。
[性格] 温厚かつ冷静で物静かな性格をしており、飼い主や家族には忠実です。警戒心が非常に強く、不審者には容赦なく吠えたてて追いかけ回すほどですので、番犬に適しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
純血犬
まるわかりんをフォローする
ペットまるわかりブログ