ヨープー(プーキー)の性格,成犬の大きさ・体重,抜け毛,寿命まとめ

ヨープーとは、ヨークシャテリアトイプードルのミックス犬です。

「プーテリア」「プーキー」と呼ばれることもあります。

英語圏では「ヨーキープー」「ヨーキードゥードル」と呼ばれています。

今回は、ヨープーの「性格、成犬の大きさ・体重、抜け毛、寿命」などについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

見た目は?ヨークシャテリアとトイプードル、どっちに似てる?

まずは、ヨークシャテリア、トイプードル、ヨープーの画像を見比べてみましょう。

ヨークシャテリア
yorkshire-terrier

トイプードル

toypoodle

ヨープー


Photo credit: molajen via Visual hunt / CC BY

Photo credit: molajen via Visual Hunt / CC BY

Photo credit: sonstroem via Visual hunt / CC BY

Photo credit: vidalia_11 via Visual Hunt / CC BY

Photo credit: Trish Hamme via Visual Hunt / CC BY

Photo credit: kaylaheineman via VisualHunt / CC BY

まずは全体的な雰囲気、そして各パーツまで詳しく見ていきましょう。

■全体的な雰囲気

全体的な雰囲気としては、「ゆるやかな巻き毛のヨークシャテリア」です。

ただ、そこはミックス犬。どちら寄りになるかは実にさまざまで、トイプードル寄りの子、ヨークシャテリアの子、中間くらいの子、色々なタイプの子がいます。

次に、各パーツごとに見ていきましょう。

■耳

ヨークシャテリアは小さめのV字型で、立ち耳です。

一方、トイプードルは頭にくっついていて、垂れ耳です。

両者のミックスであるヨープーは、垂れ耳・立ち耳・半垂れ耳、さまざまなタイプの子がいます。

■マズル(口・鼻の部分)

トイプードルのように、マズルが長めの子がいたり、ヨークシャテリアのようにマズルが短めだったりします。

どちらの特徴が出やすいかは、その子によってさまざまです。

■体型

トイプードルの特徴が強く出ていれば、脚はスラっと長くなりますが、体型についても両親犬のどちらの特徴が出やすいかはさまざまです。

■毛質・毛並み

ヨークシャテリアのストレート毛質の影響の方が強いですが、トイプードルの巻き毛の特徴もしっかりと残っています。

そのため、短い時は巻き毛が強く、伸びてくるとストレートが強くなったりもします。

中には、湿度の高い日に限って巻き毛が強くなる子もいます。

長毛犬ですので、さまざまなカットが楽しめますよ。

両親犬ともシングルコートなので、ヨープーもシングルコートになることがほとんどですが、まれにダブルコートの子もいるようです。

■毛色

ヨープーの毛色は、クリーム、ブラック、ブラックタン・ホワイト、レッド、クロテン、アプリコット、黄褐色(タン)、チョコレート、グレー、シルバーの入った複合色などがあります。

ヨークシャテリアは、子犬の時は黒っぽいブラック・タンですが、その後、背中部分がダーク・スチール・ブルーに変化するなど、一生のうちに被毛の色が7回変化するといわれています。

また、光沢のある絹のような毛質から「動く宝石」とも呼ばれます。

ヨープーもこの特徴を受け継いでおり、成長に伴って毛色の変化を楽しむことができます。

成犬の大きさ(体高、体重)

■平均体重 3.5キロ
■平均体高 27センチ

[参考]
平均体高 ヨークシャテリア:23センチ、トイプードル:24-28センチ
平均体重 ヨークシャテリア:3キロ、トイプードル:3-4キロ

性格・性質などの特徴

■甘えん坊
■活発で遊び好き
■従順
■人懐こい
■頑固
■運動量は中程度

ヨークシャテリアとトイプードルは、このような性格・性質があります。

[ヨークシャテリアの性格]

甘えん坊
活発・遊び好き
気が強い
頑固
賢い
無駄吠え・警戒吠えが多い

[トイプードルの性格]

甘えん坊
陽気・活発・遊び好き
社交的で人懐こい
従順
非常に賢い
訓練能力が高い

全体的にヨークシャテリアの「気が強い」性格が、トイプードルの性格の影響で緩和されているので、ヨープーは、ヨークシャテリアよりも穏やかな傾向があります。

また、両親犬の「甘えん坊」「活発・遊び好き」の影響を強く受けているため、ヨープーも同様に、甘えん坊で活発・遊び好きな性格をしています。

さらに、トイプードルの「人懐こい」「従順」な性格を受け継いでいるため、小さなお子さん(小学生以上)やお年寄りのいる家庭での飼育にも向いています。

しかし、ヨークシャテリアの「頑固」な側面もあるので、子犬のうちからしっかりとした躾(しつけ)を行うことが肝心です。

両親犬ともに「賢い」ので、ヨープーはとても利口ですよ。

両親犬ともに「活発」な性格なのでとてもエネルギッシュですが、体は小さいため必要な運動量は中程度です。

そのため、一日に1時間程度の散歩が必要で、午前中に1回、夕方に1回に分けて行うのが理想的です。

しつけのしやさ

■しつけしやすい

ヨークシャテリアの頑固な側面がありますが、両親犬の高い知性とトイプードルの高い訓練性能を受け継いでいるため、しつけはしやすいです。

しかし、間違ったことを教えてしまうと、その頑固さが作用して、しつけしなおすことが大変になりますので、子犬の頃から一貫したしつけを行うことが大切です。

無駄吠え・警戒吠えはある?

■無駄吠え・警戒吠えは中~高程度

トイプードルの影響で緩和されてはいますが、無駄吠え・警戒吠えの多いヨークシャテリアの特徴を受け継いでいるため、異常な物音や家のチャイム音などに、過敏に反応してよく吠えてしまう子が多いです。

吠えないようにするには、子犬の頃からの躾(しつけ)や社会化、日頃からのストレス解消などが必要になってきます。

ストレス解消には、1日1時間程度の散歩が効果的です。

ヨープーは、賢くてしつけしやすいので、しっかりと対策をすれば吠え癖を改善できるでしょう。

平均寿命

■12~15年

ニオイ(体臭)はある?

■とても少ない

ヨークシャテリアはやや体臭がありますが、体臭がほとんど無いトイプードルの影響が強いので、ニオイはとても少ないです。

かかりやすい病気

■膝蓋骨脱臼(膝関節の皿脱臼)
■てんかん
■門脈体静脈シャント(PSS)
■レッグ・カルベ・ペルテス病(大腿骨頭無菌的壊死症)
■甲状腺機能低下症
■アジソン病(副腎皮質機能低下症)
■白内障
■進行性網膜萎縮症
■アトピー性皮膚炎

ミックス犬は、純血種よりも遺伝性の疾患を発症する可能性が低いために丈夫だといわれています。しかし、遺伝性の疾患にかかる可能性はゼロではありません。

ヨープーは太りにくい体質ですが、おやつのあげすぎと運動不足には注意しましょう。

抜け毛の量

■抜け毛は少ない

両親犬ともにシングルコートで換毛期が無いため、基本的に抜け毛は少ないです。

ただ、まれにダブルコートで抜け毛の多い子もいるようです。

お手入れについて(トリミング・カット、ブラッシング、シャンプーなど)

■カットは月に1回ほど
■シャンプーは、月に1回ほど
■ブラッシングはこまめに(できれば毎日)
■トリミング料金は、トイプードル料金以下(5,500~10,000円ほど)

ヨープーは、両親犬のシングルコートで抜けにくい毛質を受け継ぐことがほとんどで、毛が抜けにくいので、定期的なカットが必要です。(月1回ほど)

外で遊ぶなどして汚れたりしていなければ、シャンプーは月に1回程度でいいでしょう。

毛が絡んだり、毛玉になるのを防ぐため、こまめなブラッシングが欠かせません。(できれば毎日)

トリミング料金は、「毛質がヨークシャテリアとトイプードルのどちら似か?」「身体の大きさ」「毛の質と量」「毛玉の有無」「暴れないかどうか」「お店の場所」等によって変わってきます。

いずれにせよ、トイプードルの料金を超えることはないと思われますので、そのお店のトイプードルの料金表をひとつの目安にしておくと良いでしょう。

なお、もし毛玉がある場合は、トリミングに出す前にブラッシングで毛玉をとっておけば、料金を下げることができます。

価格・値段の相場

■8~15万円

購入・入手方法

■ペットショップ
■ブリーダー
■里親募集サイト

ヨープーの個体数は少なくないため、ペットショップ、ブリーダーで見つけることができます。

里親募集サイトで見つけることも、さほど難しくないでしょう。

ネットで調べる場合は、「ヨープー」の他にも、「プーテリア」や「プーキー」で探してみることをおすすめします。

さいごに

ヨープーは、しつけや社会化などをしっかり行ってあげれば、無駄吠えも防げますし、本来の甘えん坊で遊び好きな性格が可愛くてたまらなくなってくるでしょう。

お利口さんなので、きちっとしつけをしてあげれば芸もたくさん覚えます。

カットで印象がガラッと変わるので、色々なファッションやスタイルを楽しむことができますよ。

最後に、子犬のヨープー(ブラック)の動画をご覧ください。

しっぽをフリフリ、キュンキュン鳴きながら近づいてくる姿が、なんともいえない可愛さですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする