かっこいい大型犬,超大型犬の種類!飼いやすさ,画像,体重など[1/3]

犬は、大きく2つのタイプに分けることができると思います。

1つ目は、チワワやトイプードルなどに代表される可愛い犬

そして、2つ目はかっこいい犬!

何かと可愛い犬がもてはやされる昨今ですが、今回はかっこいい犬をその特徴などに簡単に触れながら、画像と一緒にご紹介したいと思います。

「かっこいい犬」の定義は人によってさまざまだと思いますが、今回は「スタイルが良い」「強い又は強そう」「野性味がある」「運動能力が高い」「顔が凛々しい」「迫力がある」などの要素を基準にして、私の独断と偏見でセレクトしました。(結果的に、中型犬~超大型犬となりました)

そのため、私の好みも影響していると思われますので、異論がある方もいらっしゃるかもしれませんがそこはご勘弁ください(汗)

なお、全部で69犬種とあまりにも膨大な数になってしまったので、3記事に分割しました。

※ランキング形式ではなく、犬種名の五十音順で並べています。

かっこいい大型犬,超大型犬の種類!飼いやすさ,画像,体重など[2/3]

かっこいい大型犬,超大型犬の種類!飼いやすさ,画像,体重など[3/3]

スポンサーリンク

アイリッシュ・ウルフハウンド


 Irish wolfhound+chiwapoo
※小さいワンコはチワプーです。その大きさの違いは歴然!

「種として世界一背が高い犬」として有名!

その洗練されたフォルムと特徴的な被毛から、幻想的な雰囲気すら感じさせます。

[犬種] アイリッシュ・ウルフハウンド
[原産] アイルランド
[別名] なし
[体高] オス:86センチほど メス:76センチほど
[体重] オス:55キロほど メス:48キロほど
[歴史] 中世から17世紀まで特にオオカミ猟犬として活躍していました。祖先はグレーハウンドといわれています。
[外観] 全犬種の中で最も背(体高)が高い犬種で、中には体高が1mを超えるものもいます。体高が高いだけでなく、均整が取れたたくましい体つきをしています。世界一大きなアイリッシュ・ウルフハウンドは、体重80キロを超え、2本足で立つと身長が2メートルにも達します。
[性格] その大きな体とは対照的に、繊細かつ穏やかで飼い主に忠実な性格です。

アイリッシュ・セター

Irish Setter Irish Setter_2

@jetrothedogが投稿した写真

とってもハンサム!

美しい被毛と容姿端麗な顔立ちから、人目を惹く優雅さがあります。

[犬種] アイリッシュ・セター
[原産] アイルランド
[別名] アイリッシュ・レッド・セター、レッド・セター
[体高] オス:65センチほど メス:60センチほど
[体重] オス:26キロほど メス:23キロほど
[歴史] 古くから優秀な猟犬として活躍してきました。
[外観] 絹糸状で光沢のあるマホガニー・レッドの美しい被毛が特徴的です。長めの頭部は堀が深く、とてもハンサムな顔立ちをしています。体高よりも体長の方が若干長く、骨太の体つきです。
[性格] 陽気な性格をしており、実直で飼い主に従順です。物覚えは早い方ではありませんが、一度覚えたら忘れません。

アフガンハウンド

 Afghan hound

貴族のような威厳と気品があふれる、ツンデレな犬!

[犬種] アフガンハウンド
[原産] アフガニスタン
[別名] なし
[体高] オス:68~70センチほど メス:63~65センチほど
[体重] オス:27キロほど メス:23キロほど
[歴史] 最も古い歴史を誇る犬種のひとつで、古くから獣猟犬として活躍していました。
[外観] 全身を覆う長い絹糸状の被毛と、遠くを見据えるような表情からエキゾチックな雰囲気が漂います。スクエア型の体型と、長く筋肉質な四肢が特徴的です。
[性格] 警戒心が強いため、初対面の人には冷淡な態度をとりますが、飼い主に対しては友好的で感情をむき出しにします。ただし、自己主張が強いためしつけは決して簡単ではありません。

アメリカン・ピット・ブル・テリア

American Pit Bull Terrier

最強との呼び声が高い闘犬!

[犬種] アメリカン・ピット・ブル・テリア
[原産] アメリカ合衆国
[別名] アメリカン・ピット・ブル、ピット・ブル・テリア、ピット・ブル
[体高] オス、メス:46~56センチほど
[体重] オス、メス:14~36センチほど
[歴史] スタッフォードシャー・ブル・テリアをもとに、複数の闘犬をかけ合わせて作られた闘犬です。強い闘争心と身体能力の高さをもつため、最強の闘犬としての呼び声が高い犬です。
[外観] そのたくましい見た目から大きいイメージがもたれがちですが、さほど大きくなく中型犬として分類されます。体長に比べると体高は低く、筋肉質でがっしりとした外見をしています。短くて硬い被毛をもっています。
[性格] 生まれながらに強い攻撃性と闘争心を持っていますが、子犬の頃からきちんとしつけを行えば、友好的で人懐っこい犬になってくれます。

アラスカン・マラミュート

 Alaskan Malamute


 Alaskan Malamute_2

※子犬のアラスカン・マラミュートです。

オオカミのような風貌をもつ、温厚な力持ち

[犬種] アラスカン・マラミュート
[原産] アラスカ
[別名] なし
[体高] オス:63センチほど、メス:58センチほど
[体重] オス:38キロほど、メス:34キロほど
[歴史] 長年、アラスカでソリ犬、番犬、狩猟犬などとして活躍していました。
[外観] 骨太で筋肉質な体つきをしており、底知れないスタミナと力の強さがあります。オオカミに似た顔つきで、鋭い目つきをしています。二重の厚い被毛で覆われているため、どんな寒さにも耐えられますが暑さには弱いです。
[性格] 社交的で温厚な性格をしていて飼い主にも忠実ですが、きちっとしつけをしないと手に負えなくなります。

イビザン・ハウンド

鹿のようにスリムで引き締まったスタイル

[犬種] イビザン・ハウンド
[原産] スペイン
[別名] バレアリック・ドッグ、カ・イビセンク、ポデンコ・イビセンコ
[体高] オス:60~70センチほど、メス:57~66センチほど
[体重] オス:23キロほど、メス:20キロほど
[歴史] 祖先は古代エジプトで獣猟犬として活躍していました。そのため、鋭い嗅覚と聴覚と卓越した狩猟本能をもっています。
[外観] 大きな耳をもち、鹿のようにスリムで優美な風貌をしています。被毛はスムース、ワイヤー、ロングの3タイプがあります。
[性格] 厳しい環境におかれていたため、肉体的・精神的にもタフです。飼い主には忠実で温厚な性格をしていますが、初対面の人は警戒心の強さが出て臆病になる犬もいます。

イングリッシュ・セター

English Setter●
Photo credit: Scarlett2308 via Visual Hunt / CC BY-ND

@spottysetterが投稿した写真

白い毛色に斑点をもつ優秀なハンター

[犬種] イングリッシュ・セター
[原産] イギリス
[別名] なし
[体高] オス:64センチほど、メス:61センチほど
[体重] オス:24~30キロほど、メス:20~26キロほど
[歴史] 15世紀ごろから鳥猟犬として使われた後、スパニッシュ・スパニエルなどと掛け合わされて現在の姿になりました。
[外観] 毛色以外はアイリッシュ・セターと似た外観で、骨太で筋肉質な体つきをしており頭部はスラっと長く、絹糸状の長い被毛をもっています。白い毛色に斑点が目立ちますが、これがアイリッシュ・セターとの異なる点です。
[性格] 人なつこく穏やかで、飼い主に忠実な性格をしています。長時間、速度を落とさずに走ることができます。

イングリッシュ・マスティフ

ギネスに登録されている、世界一体重の重い犬

[犬種] イングリッシュ・マスティフ
[原産] イギリス
[別名] オールド・イングリッシュ・マスティフ、マスティフ
[体高] オス:75センチほど、メス:68センチほど
[体重] オス、メス:79~86キロほど
[歴史] チベタン・マスティフを祖先にもつ犬種です。非常に長い歴史を持っており、2000年前には軍用犬として使われていました。闘争心が強く力も強いため、闘犬としても活躍していました。
[外観] 骨太・筋肉質で非常にたくましいな体つきをしています。ホッキョクグマほどの大きさに成長する個体もあります。ゾルバという名前のマスティフは、体重155.58キロを計測し、最も体重の重い犬としてギネスに記録されています。
[性格] 見た目とは対照的に、穏やかで優しい性格をしており飼い主には忠実です。警戒心が強いため、優秀な番犬になります。

イングリッシュ・ポインター

English Pointer_2

English Pointer

スリム体型の優秀な鳥猟犬!

[犬種] イングリッシュ・ポインター
[原産] イギリス
[別名] ポインター
[体高] オス:63~69センチほど、メス:61~66センチほど
[体重] オス:22~25キロほど、メス:20~23キロほど
[歴史] 鳥猟犬として、スパニエル、グレーハウンド、ブラッドハウンドなどを掛け合わせてつくられました。
[外観] スマートな体型でありながら、筋肉質な体つきをしています。被毛は短く、白色に斑点の個体が目立ちます。
[性格] 優しい性格をしており、飼い主には従順で訓練性能が高いです。鳥猟犬として優秀な能力をもち、無尽蔵のスタミナと非凡なスピードを誇ります。

ウィペット

Whippet Whippet_2

時速60キロで走る、中型犬最速のアスリート犬!

[犬種] ウィペット
[原産] イギリス
[別名] なし
[体高] オス:48~55センチほど、メス:45~53センチほど
[体重] オス:10キロほど、メス:9キロほど
[歴史] 19世紀後半、ネズミやウサギなどの害獣退治のため、小型のグレーハウンドにテリア系の血を取り入れて作られました。卓越したスピードとスタミナを持つ優秀な猟犬で、ドッグ・レースで活躍していました。
[外観] 細長いマズルが特徴的で、正面から見ると非常に薄い体つきをしています。四肢はスラリと長く、後肢は特に筋肉質です。背中から尻尾の付け根部分まで、アーチ状の形をしています。被毛は光沢があり、短くて硬いです。
[性格] 穏やかで人懐こく、優しい性格をしており飼い主には従順です。中型犬の中では最も足が速く、時速60キロで走ることが出来ます。

ウルフドッグ

野生味あふれる鋭い眼光が魅力!

[犬種] ウルフドッグ
[原産] アラスカ、カナダ
[別名] ハイブリッド・ウルフ、狼犬(おおかみけん、ろうけん)
[体高] オス、メス:66~81センチほど
[体重] オス、メス:45~70キロほど
[歴史] ハスキー、シェパードなどとオオカミとをかけ合わせることによって作られました。
[外観] 立った耳と細長い顔つきが特徴的で、鋭い眼光に野性味を感じさせます。聴力と嗅覚は、普通の犬よりも優れています。密度の高い被毛に覆われているため、寒さに強いです。
[性格] 高い社会性と知能を持っていますが、野生味が色濃く残っているため、しつけることはとても難しいといわれています。

オーストラリアン・ケルピー

Australian Kelpie

魅力的な立ち耳と、キツネに似た精悍な顔立ち

[犬種] オーストラリアン・ケルピー
[原産] オーストラリア
[別名] ケルピー
[体高] オス:46~51センチほど、メス:43~48センチほど
[体重] オス、メス:11~21キロほど
[歴史] スムース・コリーとディンゴという野生犬を掛け合わせてつくられたといわれています。
[外観] ピンと立った幅広の耳が特徴的です。キツネに似た顔つきをしていて、引き締まった細身の体型をしています。被毛は、艶があり粗く短い。
[性格] 警戒心が強く、初対面の人・犬に対しては吠えることもあります。飼い主に対しては愛情深く従順で、なおかつ利口なので訓練の覚えも早いです。

カーリーコーテッド・レトリーバー

@kaffegramが投稿した写真

@sierra_thecurlyが投稿した写真

@sierra_thecurlyが投稿した写真

水陸両用!巻き毛のレトリーバー

[犬種] カーリーコーテッド・レトリーバー
[原産] イギリス
[別名] なし
[体高] オス:58~63センチほど、メス:56~61センチほど
[体重] オス:29~35キロほど、メス:25~32キロほど
[歴史] 古いウォータードッグ、小型のニューファンドランド、プードルなどと掛け合わせて誕生したとされています。水鳥回収の猟犬として活躍してきました。
[外観] スマートな体型をしていますが、筋肉質かつ骨太で頑丈です。全身は硬い巻き毛に覆われており、被毛の色はブラックとレバーの2色です。カールした被毛は耐水性に富み体温を維持する効果があります。
[性格] 警戒心が強く頑固な一面があり、初対面の人にはよそよそしい態度をとりがちです。しかし、飼い主には忠実で、基本的には優しい性格です。

グレートデーン

世界一背(体高)の高い犬として、ギネスに記録された巨大な犬

[犬種] グレートデーン
[原産] ドイツ
[別名] ドイッチェ・ドッゲ、ジャーマン・マスティフ
[体高] オス:76センチ以上、メス:70センチ以上
[体重] オス:56キロ以上、メス:45キロ以上
[歴史] この犬種の歴史は古く、チベタン・マスティフを祖先にもち、グレーハウンドの血が取り入れられてつくられたといわれています。中世のドイツでイノシシ狩りに使われていたほか、猟犬、闘犬などで活躍してきました。
[外観] 背(体高)が高く、体は筋肉質でひきしまっており、屈強でスクエアな体格をしています。犬種として最も背(体高)の高いアイリッシュ・ウルフハウンドに次ぐ高さを誇り、グレートデーンは世界一背(体高)の高い犬としてギネスに記録されました。なお、その時の背(体高)の記録は111.8cmで、後ろ足で立つと2m23cmにも達します。全身は、光沢のあるなめらかな短い被毛で覆われています。毛色は、 フォーン、ブリンドル、ブラック、ブルー、マントなどがあります。
[性格] 大きな体からは想像もできないほど優しく温厚で、思慮深い性格をしています。人懐こく、飼い主にも従順です。

グレートピレニーズ

Great Pyrenees

Oso Fluffyさん(@oso_fluffy)が投稿した写真

Oso Fluffyさん(@oso_fluffy)が投稿した写真

Oso Fluffyさん(@oso_fluffy)が投稿した写真

気は優しくて力持ち!弱き者を守る頼れる犬

[犬種] グレートピレニーズ
[原産] フランス
[別名] ピレニアン・マウンテン・ドッグ、ル・シアン・ドゥ・モンターニュ・デ・ピレネー
[体高] オス:70~82センチほど、メス:65~73センチほど
[体重] オス:46~57キロほど、メス:41~52キロほど
[歴史] 祖先はチベタン・マスティフといわれています。古くから牧羊犬として活躍し、羊をオオカミや熊などの野獣から守っていたほか、フランスの城内の警護役としても活躍していました。その優秀な能力から、13~18世紀にかけてフランス貴族の間で飼われるようになり、「フランス王室犬」に定められたほどです。
[外観] 超大型犬で、四肢は骨太でたくましい体格をしています。クマのように大きな体をしていますが、気品と美しい雰囲気が漂います。体長は体高よりも若干長く、どっしりとした印象を受けます。長く美しい被毛が全身を覆っており、毛色は「ホワイト」あるいは「ホワイトにグレーなどの斑点」のタイプがあります。
[性格] 人間に献身的に働いてきた歴史から、飼い主への忠誠心の高さは目を見張るものがあります。とても優しそうな目をしており、その印象どおり穏やかで優しい性格をしています。

グレーハウンド

Greyhound

Greyhound_2

Ladyさん(@lady_greyhound)が投稿した写真

Ladyさん(@lady_greyhound)が投稿した写真

時速72キロで走る、全犬種№2のスーパースプリンター犬!

[犬種] グレーハウンド
[原産] イギリス
[別名] なし
[体高] オス:71~76センチほど、メス:66~71センチほど
[体重] オス:30キロほど、メス:27キロほど
[歴史] この犬の歴史は古く、古代エジプト王から寵愛を受けてきました。キツネ・ウサギ・鹿狩りとして使われていたほか、16世紀ごろからドッグ・レースなどで活躍していました。
[外観] 大型犬で、走るために無駄な部分を全てそぎ落としたかのような体型をしています。モデルのような長い四肢と、ほっそりとした体つきが特徴的です。しかし、よく見れば筋骨たくましい引き締まった体型であることが分かります。被毛は短くて硬い毛質をしており、毛色はホワイト、レッドなどの色があります。
[性格] 基本的に温和な性格をしていますが、繊細で強情な面もあります。特筆すべきはその足の速さ!なんと時速72キロ走ることができ、その速さは全犬種№2といわれています。

ゴードン・セター

Gordon Setter

輝く被毛をもち、飼い主を健気に守る犬!

[犬種] ゴードン・セター
[原産] イギリス
[別名] なし
[体高] オス:61~69センチほど、メス:59~66センチほど
[体重] オス:25~36キロほど、メス:20~32キロほど
[歴史] 祖先は1620年のスコットランドのスコティッシュ・セッターという犬です。耐久性のある猟犬をつくりだすため、1820年にゴードン伯爵によってラフ・コリー、ブラッドハウンド、ワーキング・コリーなどと掛け合わされて誕生し、ガン・ドッグとして活躍してきました。
[外観] 骨太で筋肉質なたくましい体格をしています。アイリッシュ・セターとよく似ていますが、この犬の方が若干大きめな体格をしています。被毛は、光沢のあるブラック・アンド・タンです。
[性格] とても活発な性格で、抜群のスタミナを持っています。飼い主や家族を守ろうとする気持ちが強い犬です。その反面、外部者に対しては冷淡な血度をとりがちです。

ゴールデン・レトリーバー

Golden Retriever_3

Golden Retriever_2

Golden Retriever

黄金色(ゴールド)に輝く心優しき大型犬

[犬種] ゴールデン・レトリーバー
[原産] イギリス
[別名] なし
[体高] オス:56~61センチほど、メス:51~56センチほど
[体重] オス:30キロほど、メス:26キロほど
[歴史] この犬の出自には諸説ありますが、ニューファンドランド、チェサピーク・ベイ・レトリーバーの交配種をもとに、アイリッシュ・セター、ブラッドハウンド、ウォーター・スパニエルなどの血を取り入れられて作られたといわれています。当初は獲物を回収(レトリーブ)する猟犬として活躍していましたが、現在ではガン・ドッグのほか盲導犬、警察犬、災害救助犬、セラピードッグとしても活躍しています。
[外観] 骨格・筋肉ともにバランスのとれた堂々とした体格をしていて、その大きな体とは対照的に、とても優しい眼差し・表情をしています。全身を覆うゴールドの被毛は、光沢があり防水性に富んでいます。毛色はゴールもしくはクリーム色です。
[性格] 極めて温厚で優しい性格をしており、めったなことがない限り噛みついたりしません。とても友好的で、飼い主や家族に忠誠を尽くします。非常に利口で、盲導犬や救助犬として優れた能力を発揮します。

サモエド

Samoyed

Samoyed_2

※サモエドスマイルが魅力的!

Samoyed_3
※子犬のサモエドです。

サモエドスマイルがキュート!かっこよさと可愛さを兼ね備えた純白に輝く犬

[犬種] サモエド
[原産] ロシア
[別名] サモエドスカヤ
[体高] オス:53~59センチほど、メス:48~53センチほど
[体重] オス:20~30キロほど、メス:17~25キロほど
[歴史] トナカイの番犬、カモシカ狩り、ソリ犬として、シベリア中部でサモエド族に飼われていました。日本スピッツの祖先でもあります。
[外観] 骨太でがっしりとした体格をしています。「サモエドスマイル」と呼ばれる微笑みの表情が特徴的です。全身は純白でふかふかの被毛に覆われています。
[性格] 陽気で活発な性格をしていて、強情な一面もありますが、飼い主には忠実です。番犬としても優秀です。※サモエドは可愛い要素も強いですが、その頼りになるたくましい体格からカッコイイ犬として選びました。

サルーキ

Saluki

葉子さん(@yoko_4517)が投稿した写真

Ninniさん(@ninniosterholm)が投稿した写真

全犬種最速!時速77キロで走るスーパーカー犬!

[犬種] サルーキ
[原産]  中東
[別名] ガゼル・ハウンド、ペルシアン・グレイハウンド、アラビアン・ハウンド、
[体高] オス:58~72センチほど、メス:オスよりだいぶ小さい
[体重] オス:20~25キロほど、メス14~20キロほど
[歴史] 犬の中で最も古い歴史を持っており、そのルーツは約7000年前まで遡ることができます。サルーキは、ガゼル猟犬として活躍してきました。ガゼルは時速70km以上で走るため、それを狩るサルーキはそれ以上のすさまじい速さをもっていたことが推測できます。
[外観] スリムでありながら、筋肉質で頑丈な体つきをしており、まさに走るために生まれてきたような体形をしています。被毛は絹状で滑らかく、毛色はホワイト、クリーム、フォーン、ゴールド、レッド、ブラック・アンド・タンなどがあります。
[性格] 物静かな性格をしていますが、運動が大好きで広い場所では走り回ったりします。飼い主や家族にはとても忠実で献身的ですが、見知らぬ人にはそっけない態度をとります。この犬種の最大の特徴はなんといっても、足の速さ。その速度はグレーハウンドを凌ぎ、全犬種で№1の時速77キロに達するといわれています。

シベリアンハスキー

Siberian husky

Siberian husky_2

@north_yukiが投稿した写真

凛々しい顔の物静かで優しい犬

[犬種] シベリアンハスキー
[原産] ロシア
[別名] アークティック・ハスキー
[体高] オス:54~60センチほど、メス:51~56センチほど
[体重] オス:20~27キロほど、メス:16~23キロほど
[歴史] ロシア(シベリア)の極寒冷地で、先住民族のチュクチ族に猟犬、番犬、ソリ犬などとして飼われていました。アラスカン・マラミュート、サモエドの血が入っているといわれていますが、はっきりとしたことは分かっていません。遠吠えをするときの声がしわがれていていることから、ハスキーと名付けられました。
[外観] がっしりとした体格をした中型犬で、四肢は筋肉がよく発達しており、特に後肢はソリを引くために筋肉が発達しています。非常に厚い被毛に覆われており、さまざまな種類の毛色があります。キツネのような尾をもち、三角形の立ち耳、つりあがった目をしていて、とても凛々しい顔立ちをしています。目の周りにある歌舞伎役者のような隈取り(くまどり)が特徴的です。
[性格] 人懐っこく優しい性格をしており、飼い主には忠実です。物静かでめったに無駄吠えをしません。警戒心は強いものの攻撃性が低いので、番犬には不向きともいわれています。

ジャーマン・シェパード・ドッグ

German Shepherd Dog_2

German Shepherd Dog

Mayaさん(@mayathegsdlife)が投稿した写真


ワイルドな外見と、卓越した能力をあわせもつスーパードッグ!

[犬種] ジャーマン・シェパード・ドッグ
[原産] ドイツ
[別名] アルサシアン、ドイッチェ・シェーファーフント、日本では単に「シェパード」と呼ばれることが多い
[体高] オス:60~65センチほど、メス:55~60センチほど
[体重] オス:33~38キロほど、メス:26~31キロほど
[歴史] 1880年ごろドイツ軍人たちが牧羊犬をもとに改良を重ね、軍用犬として作られました。第一次大戦、第二次大戦などで、物資の運搬、負傷兵の発見、捕虜の監視などさまざままな用途で活躍しました。軍用犬のほかにも、警察犬、牧羊犬、番犬、盲導犬などさまざまな分野でその優れた能力を発揮しています。日本で誕生した最初の盲導犬がこの犬でした。
[外観] 筋肉質で引き締まった体格をしていますが、頭部から尻尾まで緩やかなカーブを描いており、しなやかで上品な雰囲気があります。体長は体高よりやや長めです。アーモンド形の目は眼光鋭く、その動作には無駄がありません。被毛は中程度の長さで、毛色はブラック、ブラックアンドタンなど多くの種類があります。
[性格] 非常に利口で、飼い主には極めて忠実です。常に冷静沈着で勇敢な性格をしており、嗅覚・観察力・判断力にも優れているため、優秀な番犬になります。

ジャーマン・ショートヘアード・ポインター

Heidiさん(@heidi_the_gsp)が投稿した写真

エネルギーあふれる優秀な猟犬

[犬種] ジャーマン・ショートヘアード・ポインター
[原産] ドイツ
[別名] ドイチャー・ドラートハーリガー・フォアシュテーフント
[体高] オス:58~64センチほど、メス:53~59センチほど
[体重] オス:25~31キロほど、メス:21~27キロほど
[歴史] 俊足でスタミナのある優秀な鳥猟犬を誕生させるため、19世紀中期にスパニッシュ・ポインター、フォクスハウンド、ブラッドハウンドなどをもとに作られたといわれています。
[外観] 大型犬であり、スリムで引き締まった強靭な肉体をもっています。短くて硬い被毛に覆われており、毛色はレバー、レバーアンドホワイトなどがあります。
[性格] 陽気で温厚な性格をしており飼い主や家族には従順です。知能も高いのでしつけは入りやすいですが、活発な犬なので無駄吠えが多く手を焼くかもしれません。運動量が非常に多いため、運動不足には注意が必要です。

【続き】
かっこいい大型犬,超大型犬の種類!飼いやすさ,画像,体重など[2/3]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする