犬のおならが多い!臭い!頻繁なおならに隠された病気とは?

6882344234_9c70ae5861_z
Photo credit: kizzzbeth via Visual Hunt / CC BY-SA

「犬っておならするの?」と思われた方もいるかもしれませんね。
犬もおならをするんです。

ものすごい臭いおならをされると、びっくりしますし、病気のサインなのかなと心配にもなりますよね。
今回は、そんな「おなら」にまつわるお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

犬のおならの原因と、その対策・予防

「うちの愛犬がおならばかりする、おならが止まらない」とお困りの飼い主さんも多いでしょう。
我が家の愛犬もよくおならをします…。
腸の病気かな、と心配にもなる「おなら」の原因を説明しますと、
まず基本的に、おならは、腸で食べ物が分解されたときに発生するガスであり、自然に出るものなので問題はありません。

しかし、それ以外にも原因はあります。

特に、おならが「臭い」場合には、深刻な病気が潜んでいる場合もあります。

早食い

早食いをしたために食事中にいっしょに飲み込んだ空気だったりするのです。

ですので、「ブッ」と凄い音のおならをしても、「ぷっぷっぷ」とおならが止まらなくても、驚くことはありません。大丈夫ですよ。

ただ、飲み込む空気については、早食いをやめさせることでおならを少なくすることができます。

【早食い防止用皿を使う】

早食いする飼い犬は、どうしてもフードといっしょに空気をたくさん飲み込んでしまいます。
早食いを防止できるお皿を使って、じょうずに食べさせてあげましょう。
こちらは、早食い防止用皿を実際に使用している様子です。

早食い防止皿の最安値をチェックしてみる!【楽天】

食べ物

food-bowl-281978_640

これまでお伝えしたとおり、健康な犬でもおならは出ます!問題なのは「臭いおなら」です。

犬の体質に合わないドッグフードは消化しきれず、臭いおならの原因になります。

犬の体質に合った野菜・炭水化物が豊富なドッグフードに切り替えてみましょう。

ヨーグルトをトッピングしてあげると、腸内善玉菌が増えて腸の働きが良くなります。
お手軽ですし、飼い犬も喜びます。
くれぐれもプレーンタイプのヨーグルトを与えてくださいね。
愛犬用の整腸作用のあるサプリメントも販売されていますので、そちらも利用してみてはいかがでしょうか。

ドッグフードを切り替えた

子犬用フードから成犬用フードへ、または肥満用に変えたり、メーカーを変えたり…ドッグフードを切り替える理由は様々ですが、消化器官がその変化に対応できずに、消化不足がおき、結果おならが臭くなったりもします。

ストレス・運動不足などによる体調不良

ストレスや運動不足などでも、おならは臭くなります。

運動不足で腹筋が弱くなると、腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱まって便秘がちになるので、おならが臭くなってしまうのです。

雨などでお散歩の時間を適切に取れない場合は、室内で軽い運動をさせるなどして、上手にストレスを発散させてあげてくださいね。

肛門絞りをしていない

肛門腺を定期的に絞らないでいると、おならも臭くなりますので、「肛門絞り」を定期的に行いましょう。
しきりに自分のお尻のにおいを嗅ぐ、または床におしりをこすりつけているワンちゃんがいますよね。
きちんとケアしないと、化膿したり炎症を起こしたりと、おならが臭くなる以上に問題を引き起こします。
これは予防できるのもですから、ペットサロンや病院にお願いしてみましょう。

こちらの動画で、肛門絞りの方法が紹介されています。

消化器官系の病気

硫黄のにおいがする、回数が増えた、下痢になったなどの症状が出た場合、慢性胃炎や直腸がん、炎症性腸疾患などの消化器官系の病気の可能性があるので、そのような症状がある場合には早めに病院に行きましょう。

特に老犬は消化機能が低下しますのでおならが臭くなりますし、病気が原因であることも考えられます。

さいごに

いかがでしたか?
おならひとつとっても、愛犬は病気のサインを出していることがあります。

特にシニアになった飼い犬のおならは、気にかけてあげて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする