ゴールデンドゥードルの価格・値段、性格や抜け毛、ブリーダーは?

goldendoodlepuppy

ゴールデンドゥードルは、ペットショップではあまり聞きなれない犬種ですよね。

ゴールデンドゥードルは、ゴールデンリトリバーとプードルの掛け合わせによって誕生した二重純血犬種です。

芸能人では鶴田さやかさんがゴールデンドゥードルを飼われています。

今回は、このゴールデンドゥードルの価格・値段、性格や抜け毛、ブリーダーなどについてまとめましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

犬種と名前の由来

ゴールデンドゥードルは、1988年にオーストラリアのブリーダーによって作られました。

アレルギーを持つ人のための盲導犬を作り出すため、ゴールデンリトリバーに抜け毛が少なくアレルギー反応を起こしにくいプードルを掛け合わせたのです。

なお、JKC(ジャパンケネルクラブ)のように純血腫のみを登録する団体では、正式な血統として認定されておらず、血統書の発行はできません。

犬アレルギー反応を起こしにくいといわれる理由

ゴールデンドゥードルは、犬アレルギー反応を起こしにくいといわれています。

プードルの特徴の一つである毛が抜けにくい性質が、アレルギーフレンドリー(アレルギーを起こしにくい)と言われているためです。

さらに、仮に毛が抜けたりフケが出たとしても、他の毛に絡まることにより、フケや抜け毛が周辺に舞い上がりにくいので、アレルギー反応が起こしにくいとされています。

ただし、アレルギー反応の原因が、抜け毛以外(唾液・フケ・ホコリ・ダニ等)にもあるため、アレルギーフレンドリーとする根拠が科学的に証明されておらず、この犬が確実にアレルギーフレンドリーとは言い切れないのでご注意ください。

そのため、飼うことを検討されている場合、ブリーダーさんや医師に相談されたほうがよいでしょう。

ちなみに、このゴールデンドゥードルという名前の由来ですが、ゴールデンはゴールデンリトリバー、ドゥードルはプードルの「p」を逆さまにして「d」にしてドゥードルになったといわれています。

ドゥードルを英語で翻訳すると、“いたずら書き”というらしく、性格にぴったりということで名づけられたとされているほど、人懐っこい犬種とされています。

性格・性質などの特徴

■穏やかでのんびり屋さん
■人、犬に対してフレンドリー
■従順・素直なのでしつけしやすい
■非常に賢い
■運動能力が高く、運動量も多い

ゴールデンリトリバー、プードルともに、非常に賢い犬種で、その知性の高さから、調教や訓練などがしやすいといわれています。

プードルの人なつっこさと、ゴールデンリトリバーの穏やかで友好的な性格をもち、人と強い信頼関係を築けるため、非常に飼いやすい犬種といえます。

そのため、小さなお子さんがいる家庭の飼育にも向いています。

また、犬その他の動物にもフレンドリーに接することもできます。

ゴールデンドゥードルの両親の血筋は、狩猟犬の血を強く引き継いでいることから、運動能力は高く、必要な運動量は多くなるため、1日30分以上の運動が必要です。

盲導犬の他にも、被災地での災害救助犬、介助犬などに使われており、運動能力、体力、知力も兼ね備えた、まさに心強い犬種ともいえます。

ゴールデンドゥードルの見た目は?

■ゴールデンレトリバーとプードルの中間くらい

ゴールデンリトリバー、プードル、ゴールデンドゥードルを見比べてみましょう。

この写真は一例ですが、ゴールデンレトリバーとプードルの中間くらいの見た目になることが多いといわれています。

簡単にいうなら、「プードルのような巻き毛のゴールデン」ですね。

ゴールデンリトリバー
golden-retriever

プードル

poodle

ゴールデンドゥードル

goldendoodle

いかがですか?

プードルとゴールデンの中間が多いとはいえ、当然ながらどちらかの特徴が強く出ている子もいます。

大きさ・体重(スタンダード、ミディアム、ミニチュア)

このゴールデンドゥードルは、サイズは3つあります。

  • スタンダード
    [体高50~70センチ 体重20~30キロほど]
    ゴールデンリトリバーのサイズになることも多々あります。
  • ミディアム
    [体高40~55センチ 体重13~20キロほど]
    ゴールデンリトリバーとプードルともに、小柄な個体を掛け合わせているものが多いようです。
  • ミニチュア
    [体高35~45センチ 体重7~13キロほど]
    親がミニチュアプードルもしくはトイプードルが親だと、ミニチュアとされます。

寿命は?

■10~15歳

寿命は10歳~15歳といわれており、親(純血)よりも丈夫で長生きするといわれています。

かかりやすい病気は?

  • 股関節形成不全
    ゴールデンリトリバー、ラブラドールリトリバーなど大型犬に発症しがちです、先天性以外には、運動不足、栄養不足が原因となる場合があります。
  • 進行性網膜萎縮症
    目の病気で網膜の異常が原因です。暗いところが見えにくくなったりするため、散歩をしたがらなくなったりします。
  • フォンウィルブランド病
    止血機能が異常になり、出血が止まりにくくなる症状の病気です。

この他に、膝蓋骨脱臼、肘関節形成不全、胃拡張・捻転、耳の感染症などにも注意が必要です。

毛色(カラー)・毛質は?

主な毛色は、白・クリーム・アプリコット・ブロンド・茶・黒です。

毛質については、次のような特徴がありますが、2犬種の血が入っているので、個体によってさまざまです。

  • ストレート
    ゴールデンリトリバーの血筋が強いためか、巻きが少ないです。
  • 緩やかウェーブ
    プードルのカールと、ゴールデンリトリバーのストレートが混合で入ることもあります
  • カール毛質
    プードルの血筋が強いのでしょう。プードルと間違われるほどの外見の個体もあります。

抜け毛の量は?

プードルの血筋が入っているので、純血ゴールデンよりも抜け毛の量が少ないとされています。
勿論、毛質同様個体差はありますので、抜け毛の量もまちまちです。

毛のお手入れは?(トリミング・カット・ブラッシングなど)

■トリミング・カットは2、3カ月に1度ほど必要

■ブラッシングもに定期的に行う必要あり

プードルの特徴を引き継いでおり抜け毛が少ないため、プードルほどの頻度は必要ないものの、カットは定期的(2、3カ月に1度ほど)に必要です。

あまりにも怠ってしまうと、縺れや毛玉ができ、愛犬にストレスを与えてしまう結果になるので、気を付けましょう。
トリミング価格はこのようになりますが、SHOPによって差はあります。
・シャンプー:9,000円~15,000円
・シャンプーカット:12,000円~18,000円

サマーカットやライオンカットなどで、更に短くさっぱりする人もいるようです。
いずれにしても、毛質によって値段差がありますので、お店に相談してみると良いと思います。

ブラッシングについても、個体差によって必要度が変わってきます。毛が抜けやすいゴールデンリトリバーよりもブラッシングはこまめに行った方がいいでしょう。
巻き毛のため、運動、水遊びの後の皮膚のお手入れなどを怠ると、臭いや皮膚の病気などが発生するおそれがあります。

運動量が多い分、毛のお手入れも日頃からしっかりと行うことが大切です。

価格・値段の相場は?

■20万~30万

価格の相場は大体20万~30万とされています。

盲導犬や救助犬を目的としてブリーディングされてることも多いので、そういった場合はもう少し値段が張る場合もあります。

購入方法は?

まず、基本的にゴールデンドゥードルは、ペットショップ・販売店には居ません。

ゴールデンドゥードルを繁殖するには、綿密な計画のもとでのブリーディングが必要になり、特に目的サイズに到達させるための技術を要するからです。

日本のペットショップで売られている場合、そのほとんどが(※)二重純血犬種ではなく、プードルとゴールデンレトリーバーのミックス犬(純血種の掛け合わせ)です。

(※)二重純血犬種とは、2つの異なる純血犬種を交配した犬をもとに何世代にも渡ってブリーディングを重ね、両犬種の良点を出すために固定化された犬種です。そのため、単なる純血腫同士の一代かぎりの掛け合わせであるF1ミックス犬とは違います。

オーストラリアに信頼できるブリーダーがいますので、個人輸入する選択肢もありますが、言葉の問題もありますし、自分に十分な知識が無いとトラブルの元にもなります。

ゴールデンドゥードルの購入を検討されている方は、輸入代行サービスを利用するのも一つの手ですが、まずは国内で信頼できるブリーダーさんを探されることをおすすめします。

ゴールデンドゥードル、オーストラリアン・ラブラドゥードルとの違い

  • ゴールデンドゥードル
    「ゴールデンレトリバー」と「プードル」の2犬種を掛け合わせた二重純血犬種。
  • オーストラリアン・ラブラドゥードル
    「ラブラドールレトリバー」と「プードル」を主体に、次の4犬種を掛け合わせたもの。つまり、ラブラドゥードルは、二重純血犬種ではありません。
    ・アイリッシュ・ウォーター・スパニエル
    ・カーリー・コーテッド・レトリーバー
    ・アメリカン・コッカー・スパニエル
    ・イングリッシュ・コッカー・スパニエル

まとめ

頭も良く穏やかで、人にも動物にも優しいゴールデンドゥードゥルは、犬アレルギーの方にも飼いやすいということで、飼育数も増えています。

ゴールデンドゥードルは、人間社会でとても大きな役割を果たしてくれる犬種といえますね。

さいごに、お座りやお手、死んだふりなどの芸をするゴールデンドゥードルをご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする